スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分は
『廃』
が好き。

廃墟なんて見た日には飛び込まずにはいられない。
田舎道に錆びた鉄の塊があった日には、急いでいても車を止めて見に行きます。

車好きで、バイク好き。当然それに『廃』がついても好き。
だからこんな光景は俺にとっては天国です。
tkr.jpg
手前から、(たぶん)GT50×3・CB50・シャリー?
jyu.jpg
走っている物を見たことのない、ホンダジュノオ。


その他にも、CD250やらDT50、チャッピー?CB125?とかよくわからない車種も多々。

こんなに廃車があると興奮隠し切れない感じですが、もう少し早めに救出したかった…!という若干の悔しさも隠し切れません。
これだけのバイクがまとまって手に入ればどれだけ幸せか。

しかし、やっぱり生きたバイクのほうがすき。

誰かベース車安くくれねぇかなぁ!

まぁ結局何が言いたかったかというと、『廃』とは、見るも楽しい感じるも楽しい手をかけるのも楽しい。

廃がつく物には、必ず現役の時代があったのです。
廃車になる前にこのバイクたちは誰かにまたがられて堂々と公道を走っていたんです。
しかし何らかの理由でオーナーの手から離れ、このような姿になったと。

バイクとしての役目を終えた現在。
ただのゴミのようになってしまって、もう恐らくエンジン音を聞くこともできません。
そしてそのマフラーから白煙を撒き散らし、環境を破壊することも無いでしょう。
前オーナーは、自分のバイクがこんなところで朽ち果てているなんて考えたことも無いでしょう。

しかし、こんな姿になってもまだ一部の人を楽しませられるこの鉄の塊の魅力は何だろう?
どうしようもないガラクタのようになった姿を見て、想像したり考えをめぐらせたりして楽しめる人間がどうにかしているのでしょうか?何も感じないほうがどうかしているのでは??

また、こういう姿を見ると、自分のバイクや車を一生手放したくなくなるのではないだろうか??
もし自分と青春を共にしたバイクや車が、将来こんな姿になっていたら俺なら泣いてしまうかもしれません。




てかよくわからなくなってきたので卒論やります。

おやすみ。



スポンサーサイト

コメント

no subject

宝の山だ!!おおジュノオ。変なとこに出てきている水平対向エンジンが素晴らしい!!6000台も作られてなかったような。拾ってきて飾っておこう

2009/12/19 (Sat) 23:13 | ジュノオの精 #- | URL | 編集
no subject

これはそんなに生産台数少ないのか…
佐賀にあるから取りに行こう!

2009/12/20 (Sun) 11:37 | りゅーじ #kAbOJX4Q | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。