スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三江線の旅 ファイナル (後編)

こんばんは。

三江線の旅、粟屋~三次

残すところあと3駅になりました。

迂回道はけっこうハードな道で
IMGP6037R.jpg
普通に道に亀が歩いていたり
IMGP6039_R.jpg
素敵な田園風景を拝めたり
IMGP6045_R.jpg
こんな日本昔話のような建物が見られました。
IMGP6040_R.jpg
かと思いきや警察に睨まれる始末。
IMGP604R.jpg

民家の入り口のようなところに入り細い道をしばらく下ると開けてきて、そして見つけました。
粟屋駅です。
IMGP6048_R.jpg
次の駅が三次市街地の中にあるとは思えないほどの風景
IMGP6047_R.jpg
しばらく撮影をしていたら・・・

お!
IMGP6049_R.jpg
きた!!!
IMGP6062_R.jpg
偶然にも江津方面行の電車と出会いました!
乗客もけっこうみられ、三江線が生活の一部になっている様子がみることができました。

そしてお見送り。
IMGP6084_R.jpg
本日2度目の遭遇です。
けっこうな確率では??笑

大満足で次の駅を目指します。
粟屋駅からしばらく走ると、そこは見覚えのある光景。
国道54号線が視界に飛び込んできました。
そしていつも国道から見ていたこの鉄橋
IMGP6094_R.jpg
これも三江線の線路だったんですね。
何の線路だか知りませんでしたよ。
IMGP6095_R.jpg
そしてしばらく迷って、つきました尾関山駅。
市街地らしからぬ風体。すばらしい。
IMGP6096_R.jpg
こちら側は山
IMGP6098_R.jpg
そしてこちら側は家が立ち並ぶ住宅街
このギャップがいいです。
IMGP6097_R.jpg
過去、江津方面から来た人たちは、山を抜けて広がるこの街並みに心を躍らせたんだろうなと、勝手に想像してしまいます。

それでは次はついに終点
三次駅へ向かいます。
IMGP6102_R.jpg

尾関山駅からしばらく走り、三次市街地を練り、三次市の中心に構える三次駅。
IMGP6120_R.jpg
最近建物が新しくなり、まだ工事途中のところもありました。

一気にローカル線めぐりの旅を強制的に閉じさせられる気分になりましたね。
線路も増えてしまいました笑
IMGP6114_R.jpg

IMGP6113_R.jpg
赤いのは芸備線でしょうか?

しばらく三次駅を見学しましたが、写真を撮ることはあまりなく、なんだか終わりはあっけない感じでしたね。

とにかくこれで三江線の旅は終わりました。
線路の全長108㌔
電車で片道3時間20分程度の道のりをゆっくりゆっくりめぐり、結局3日間かかりました。
すばらしいローカル線でした。
三江線の中でも一部有名な駅がありますが、その他の駅一つ一つが違う魅力を持っていて、そこに行く道中すらも見どころ満載の、まさに隙がないローカル線でした。

次こそは乗ってめぐりたいですが、どうスタートして、どう帰ればいいのかがまだよくわからず計画が立ちません。

まぁ俺がここで何を語ろうと魅力の1/10も伝わらないので、興味のある方はぜひとも足を運んでみてください。

最後に尾関山~三次間の高架下の写真で終わりです。
IMGP6134_R.jpg

IMGP6127_R.jpg

まぁ、千金駅見落としたんですけどね。

それはまたの機会に…。


スポンサーサイト
Category: ツーリング

コメント

No title

伯備線が待っている!

2015/06/23 (Tue) 08:49 | 変態糞土方 #- | URL | 編集
No title

伯備線はまじで2泊3日のキャンプレベルの話ですな!

2015/06/23 (Tue) 10:19 | わし(53) #kAbOJX4Q | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。